※有志ミラーとは※

有志ミラーは、インターネットの復旧期2000年代初頭に生まれました。
時代は、モデム、ISDN、ADSL、光回線が混在する時代です、
twitterや、SNSなど存在せずに、主流はまだ、パソコン通信。
この頃、インターネット上にて、各メーカーのホームページが開設されるとともに、
ユーザーのエロゲホームページも数多く生まれました。
 メーカーのホームページが開設されると、サポートの修正ファイル、デモなどが公開されるようになりましたが、
当時、インターネット上では、援助交際によるアダルト規制が始まっており、
当時の標準的容量は100MB程くらい、サーバーの容量は確保できない上、サイトの開設も困難な場合もありました。
ダウンロードするユーザーは、人気タイトルであった場合、ダウンロードに2日、3日は当たり前という事もありました。
対処として、資金力のある所は、海外に高額なサーバーを契約したり、
知り合いの方にファイルを置いてもらったり、一般公募してファイルを置いてもらう所を募集しました。
この一般公募を請負専門のサイトがミラーの走りです。

そして、1つの出来事が変換期をもたらします、
Witchというメーカーさんが、600MBという体験版を公開しました、
回線的には今の容量だと6GBくらいに相当します。
この時、ミラーをするサイトが情報交換をし連携しなくては、
大容量のファイル公開は困難だという意見が参加者の1人から出され、
巨大ファイル配布支援サイトさんが音頭を取り、
有名所のミラーさんを召還し、
個人サイトが連携をして、ファイル配布を行う有志によるミラーの集まりが生まれました。

当初は、今のようにミラーに行けば、ファイルは、なんでもあるというような状態では無く、
メーカーさんでミラーの一般公募された情報を、掲示板で情報交換するというものでした。
(このスタイルは、今も巨大ファイル配布支援サイトさんで継承されています)
が、より多くの、デモや体験版を扱いたいという思いがある中、
有志ミラーは大きな転換点を迎えます。

当時人気のあった『とらいあんぐるはーと』という作品のデモがメーカーさんにて
公開され、巨大ファイル配布支援サイトさんの働きかけで、
ゲームの流通を行っているJ−NODE(現在解散)という所がミラーに参加する事になったのです。
当時、流通さんや雑誌社さんに働きかけを行っておりましたが、
皆々、ミラーというものに懐疑的でありました。
他にもテリトリーを荒らされたくないというのもあったのかもしれません、

ちなみに、このJ−NODEという所は、一次卸と二次卸を兼ねており、
取り扱いの無い作品が非常に少なく、より多くの作品がミラーに出る事になります。
(それでも、一次卸さんからの風当たりはあったようですが)
また、この際の連絡にメーリングリストが使用されました。
当時の、メーリングリストの名称がJDM(J−NODE メーリングリスト)の名称から、JDM有志ミラーと呼ばれます。
更に、このJDMミラー時代に、TYPE MOON(当時同人オンリー)のミラーをされていたmirror.fuzzy2.comさんが
ミラーとして加わり、同人のミラーも開始されました。
体験版やムービーも大容量のものを、また、イベント等でHolysealさんが、各メーカーと
名刺交換等を行い、有志ミラーの認知度を確固たるものにしていきます。

万事順調に見えたかの有志ミラーでありましたが、
ここで大きな出来事が起こります。
有志ミラーの創設に大きく関わった、
巨大ファイル配布支援サイトがJDM有志ミラーを抜け、独立活動に戻り
J−NODEが親会社の影響を受け、解散してしまったのです。

JDM有志ミラーも、解散という形になるのでしょうが、
参加メンバーが、担当を分散し引き継ぐ事となりました、
JDMから更に一歩進んでという意味で、それぞれのアルファベットを一文字後の
J→K、D→E、M→Nとなるはずだったのですが、
提案した人が、通信簿の英語が2でお馬鹿な人で、かつ、突っ込みが出なかった為
2歩進んで、一歩下がるというKEL有志ミラーという名になり活動が継続されます。

この頃までには、まだ有志ミラー外でミラーを募集する向きもあったのですが、
ミラーサイトを開設しても、情報を集め、ミラー活動をするのは、労力がいるので、
募集をしても有志ミラーしか参加しない、
そもそもミラーをするなら有志ミラーに参加した方が楽という事で、
また、メーカーさんも公募するよりも一括して有志ミラーに依頼した方が楽、
そんな感じでミラーは、有志ミラーという名称は、ユーザーさんにも認知され現在に至ります。

現在では、GBを超える大容量のファイルの集中するアクセスを含め、
データベース的な役割も担っています。

※有志ミラー内の分業
・まるちいんさいど。
 KEL有志ミラーメーリングリスト
 ミラーリスト生成
 ミラー内ファイル受け渡し用サーバー
・こころんにあるみらー
 ミラー内ファイル受け渡し用サーバー
・つんでれみらー
 ミラー内ファイル受け渡し用サーバー
・聖封関連
 ミラー内ファイル受け渡し用サーバー
・XES関連
 ミラー内ファイル受け渡し用サーバー
 メーカー貸し出し用ファイルサーバー


※有志ミラーの暗黙の御了解
・ミラーの案件は、参加者で共有する
・ミラーしたいメーカー、案件があったら、やりたい人が交渉する。
・メーリングリストの情報を口外しない

※有志ミラーにコンタクトを取るには
・同人サークルより依頼の際には、当サイト以外の方が審査は通りやすいでしょう。
これは、私の同人という位置づけが、製作者が趣味でやっているという位置づけなので、
非常識な営利目的や、1次著作権に関わる判断が厳しい為です。
ただし、上のような判断ですので、
逆に他所ミラーが全てミラーを拒否するようなものでも、
本当に好きでやられているものはミラーをしております。
また、知名度が無いサークル、著名人が参加していないサークルにても、
当サイトはそれらによる扱いは考慮しておりませんので、
他所にミラー依頼されて返答が無い場合には、当方に御連絡くださればと思います。

※商業流通の場合には
ミラーのご依頼をされる場合には、同人の際の依頼と同様ですが、
ミラーのご依頼がされづらい場合や、ミラーについて知りたい場合には、
当方に御質問いただけれればと思います。
また、主題歌等を公開した場合には、有志ミラーにての転載をお伺いいたしますので、
そのようなものを公開していただき、当方より転載の申請があった際、質問してけれればと思います。
ただし、サイトにて問い合わせフォームや御連絡のメールアドレス等の記載が無い場合、
お問い合わせは出来ません。

有志ミラーの流れ

※ミラー依頼(ミラーサイトに掲載依頼)のある場合

メーカー、代理販売店、流通、サークルサイト(依頼元)

↓ ミラー依頼

ミラーサイト(幹事サイト)
 複数のミラーサイトにマルチポスト依頼の場合には、基本的には、最初にメーリングリストに配信したサイトが幹事となる

↓ メーリングリスト配信

ミラーするサイトが、準備をし、掲載ページとファイルURLを報告

↓ メーリングリスト返信

ミラーサイト(幹事サイト)
 各ミラーサイトの報告を取りまとめ

↓ ミラー報告
   ミラー報告は簡素化の為(注1)、聖封リスト(注2)へむリスト(注3)のURLが報告される。

メーカー、代理販売店、流通、サークルサイト(依頼元)




※ミラー依頼のないミラーサイトへの掲載の場合

ミラー依頼の無い場合、掲載したいサイトがメーカーに転載の問い合わせをする事になっています。
問い合わせをする場合は重複の問い合わせを避ける為、特定のメーカーを除き、
有志ミラーメーリングリストに要報告となります。
ただし、ほとんどの場合に置いて、XESが転載の交渉に当たります。
XESが転載の申請をする素材は下記のものとなります。
・体験版(後日正式な体験版の出るβ版は除く)
・ムービー(動画サイト、独自のWEBプレイヤーで公開のものを含む)
 例外1 プレイムービー(過去に山のように粗製乱造の後、依頼されてミラーで対応できなくなった事があった為)
 例外1−1 体験版を製作する体力が無いメーカーに関しては、例外的にプレイムービーも扱う)
・主題歌/ED曲
 (BGM曲に関しては、これも山のようにミラー依頼されてミラーにて対応できなくなった事がある為除外)
 (キャラ別主題歌、ED曲がキャラ数ある場合もあるが除外規定が無い為取り扱う)
・修正ファイル

ミラー依頼のないものをミラーサイトに転載の申請をする場合は、商業流通タイトルものに限定となります。
XESは、基本平等の原則という主義である為、
もし、同人サークルさんに転載をするとした場合、同等に体験版やデモ等を公開しているサークルさんに、
平等に転載の申請をならなくなります。
これは、物理的、情報の把握的な意味に関しても無理です。
また、同人ソフトの購入に関しては自己責任という考えの持ち主ですので、ユーザーの立場でサポート支援という事もありません。


※最終的超例外
 各ミラーサイトでは、どういうものを掲載するという大まかな基準があります。
 が、しかし、本来は掲載していない物を、日頃、御世話になっている関係者からミラー依頼された場合には、
 直接依頼された場合に限り例外を認めているケースがあります。
 
※有志ミラーにミラーサイトとして参加するのには
・有志ミラー各サイトの管理人にお問い合わせください。
事前にサイトやメーリングリスト用のメールアドレスを作成しておくと良いでしょう。
・また事前にサンプルページを作成しておくとよいかもしれません。
・既存のサイトの場合、コンテンツに、著作権侵害のものがあると有志ミラーへの参加は認めておりません。
 また、不適切なサイトへの誘導リンク等がある場合も同等です。
 目立つのは違法動画へのリンク違法ダウンロードのリンク、不適切なアダルトサイトへの広告リンクなどです。

・XESの考えるミラーとは
  XESにては、3つの視点で、ミラーという物を行っています。
 これは、「ユーザー」「製作者」「ミラー」の三つの立場にて物事を考え、それぞれが望ましい形の提案をと考えております。
 ただし、これは、それぞれにどうしても、僅かばかりの不利益もある事もご承知ください。

 XESは、更新も遅ければ対応も遅いです。
 もし、最新の情報が欲しい方であれば、よそのミラーサイトに行かれる事をお勧めいたします。
 もし、即座のミラーをして欲しいのであれば、他所のミラーサイトに依頼をされる事をお勧めいたします。
 XESというサイトは、自身がダウンロードユーザーの際に、快適なダウンロードをしたいという所から、
 ミラーという事をしております。
 この為、XESの更新が後回しになっても、相対的にユーザーのダウンロードが快適になるのであれば、
 そちらを優先しております。
 また、破損したファイルや、問題がある場合には、事前の確認をし、ミラーの掲載はいたしません。
 至極当たり前の事をと思われるかもしれませんが、


ミラーサイトの作り方

1.まずは環境から
 1)本人の意識問題
 ・回線の問題
 ・自家サーバー
2.
 ・自家サーバーの作り方
  ・最適なサーバーマシンとは?
  ・OSの問題
  ・

1.1)
 ミラーサイトを作るのは割りと簡単ですが、何事も継続してできるかが問題となります。
 日記のようなもので、誰にでも、日記帳を買って書く事はできますが、毎日続けるとなると難しいものです。
 大切なのは、本人の意識、何故、自分はそれをするのかをまず明確にしてください。
 と、言って日記を続ける事ができない人でも問題はありません。(私も日記とか家計簿を一週間と続けた事はありません)
 一番失敗として多いのは、ちょっと暇だからやってみようかというものです。
 また、エロゲに携わっているからという理由の方も反して、続いていません。
 この後、お金にかかわる話ばかりで恐縮ではありますが、有志ミラーはお金のかかる事であり、それを認識していただけれればと思います。
1-2
 有志ミラーとして参加するのには、ミラーサーバーが必要となります、
 有志ミラーの参加サイトの大半は自家サーバーで運営しています。
 この大きな主因は、サーバーのディスク容量が必要であるという事に尽き、
 最低でも数百GBないと1年を待たずに破綻してしまうからです。
 コスト的に見ますと、レンタルサーバーのコストは低下していますが、
 ミラーサイトを運営する為には、月1万程の維持費がかかるサーバーでないと、回線容量的なものとディスク容量的なもので
 足りません。
 なお、自家サーバーの場合、維持費は電気代が大半となります。
 サーバー機は、古いものでも問題ありません(注1)、サーバー構築の場合には、よく、オーバースペックのサーバーで自我持参していられる方が見受けられますが、肝は違います。
 1にルーター、2にメモリ、です。回線周りを強化するのが必須となります。
 どんなにサーバーが高負荷に耐えられるものでも、ルーターが脆弱なばかりにアクセスが処理できなくなったりアクセス自体ができなくなったりします。
 かつ原因究明の際、ルーターの事など思いもしない事が多く究明に時間がかかります。

1-3 回線の問題
 日常、インターネットに接続するのであれば、さほど問題にもなりませんが、有志ミラーとして自家サーバーを開設する場合、
 使用するインターネットの回線も問題になります。
 何も考えずに、ミラーサーバーを解説した場合、転送量に関してプロバイダから警告メールが来る事もあるでしょう。
 GB単位のデータを何百人もダウンロードするので、有志ミラーはその転送量は日常のものとは別格になるのです、
 サーバーの設定で転送量の上限設定もできますが、プロバイダの上りの転送量の上限が厳しい場合、ADSL並の速度に規制されてしまう事もあります。
 特に、格安のプロバイダの場合、このような状況が発生します。
 困った事に、どのくらいの転送量で警告されるのかプロバイダで明示していません。

 逆に何故安いプロバイダなのか調べると良いのかもしれません。
 インターネットの回線は、とても高いものです。
 その理由はとても簡単、あなたの家から友達の家まで、自力でメールするとします。
 電柱を立てても良いですし電波を飛ばしても良いですがファイバー線や電波塔やら建てていたら、とんでもない金額になります。
 ある意味、これらの費用は多くの人でシェアしあう事で、今、家に来る請求書や引き落としの金額になっている訳
 多くの人でシェアすれば、それだけ安くなる訳です。
 さて、ここいらの情報は調べるのが大変なので、実際には、有志ミラーのサイトがどのプロバイダ&回線を使用しているのか見ると参考になるでしょう。
 ただし、こころんにあるみらーのように、1回線ミラーでも実は2回線(auひかり)で、警告を受ける度に切り替えて運用しているというものもありますので注意してください。


2-1 サーバーを稼動させるのは、若干の知識がいります。知識の不要な分は、金銭での代替も可能ですが、
勉強の為にもできうる限り安く済ませる為に、ここではLinuxのCentOSによるサーバーの最低限の設置方法を記述します。

Linuxとは、WindowsやMacOS、Androidと言ったものと同じく、オペレーティングシステムの1つです。
Windowsとは異なり、基本無料のOSとなります。
まったくの初心者の方であれば、とりあえず本屋等で安い本を一冊買ってみるのがよいでしょう、
これらは、サーバー構築にまったく役にたちませんが、Linuxがどうものであるか、おぼろげながら知る事ができるでしょう。
いきなり高くて、分厚い本は買う必要はありません。
いきなりシェイクスピアの原文を読むと言ってもそれは無理、少しずつ歩んでいきましょう。
もちろんWebからも情報を検索する事もできます、が、しかしWebは情報は満ちていますが、
正しく解りやすい情報というものは少なく、かつそれを見極めるのは難しいものです。


暇を見て執筆中なのでしばらくお待ちください



・ドメイン費用
・電気代
・ハードウェア更新費用


注1:OSがLinux系使用の場合は問題ありませんがWindowsServerの場合、相応のスペックが必要となります。